化粧品のサンプリングのバイトの事情

街頭や化粧品売り場の店頭などで試供品をサンプリングしてるバイトさんを見かけます。
暑い日も寒い日も熱心に配ってますね。


数回分しか入ってない小型ボトルの試供品でももらえると嬉しいもので、どうにかもらえるようにタイミングを気にしながらバイトさんの近くを通ります。

もらえたらラッキーです。

あなたにオススメの敏感肌をご紹介いたします。

でもたまにもらえないこともあります。

カゴの中にはサンプリング用の試供品がたくさん入ってるし、丁度よく歩いて近づいたつもりですがもらえないことがあります。

注目のビタミンC美容液 通販の正しい情報はこちらです。

そんなときは、あなたはターゲットに入ってない可能性があります。


ターゲットというのは、メーカーが使ってほしい年齢や性別を絞った相手ということです。



例えば、高齢者向きのアンチエイジング用の化粧品を配ってる時は、20代や30代の人には配る必要がないと判断し、配らないようにしてます。
また性別も同様です。

男性用のヒゲ剃り用クリームなどは女性には配りません。


でも「主人に使わせたいから一つください」と言うともらえる場合もありますし、化粧品の試供品なら奥様にあげるという目的であればもらえることがありますが、期待は薄いですね。サンプリングで販売促進を目的とする会社ではそういった理由からターゲットの中に入らない人には渡さないという規則があり、誰でも構わず渡すのではなく、効率よく渡すようにしてます。

一番多く見かけるサンプリングは化粧品ですが、男性に渡してる場面は少ないです。
早く配り終わりたいという気持ちもあるでしょうが、雇用側が街頭で無駄に配ってないかをチェックしてることがありますのでなかなか自由には配れないのです。

笑顔で配ってる裏側にはそのような理由がありますのでもらえなくてもショックを受けないでくださいね。